IT補助金が利用できる話題の旅館・ホテル向け基幹システム「満室御礼」で予約管理から顧客管理までまるごとカバー

 

基幹システム(PMS)の見直しで現在の業務を大幅に効率化

旅館・ホテルにとって営業・経営のベースとなるのが基幹システム(PMS)。もっとも重要なシステムであるにも関わらず、導入から年月が経って現状とマッチしなくなった、サポート体制に不満がある、動作が遅い、管理画面がわかりにくい…などなど、さまざまな声が聞かれます。

こうした悩みをお持ちの方はもちろん、これから導入を考えている旅館・ホテルにもぜひお奨めしたいのが、使い勝手の良さが好評の基幹システム「満室御礼」です。

フロントイメージ.png

「満室御礼」は、予約管理・フロント会計・顧客管理という宿泊業の3つの主業務をまるごとカバーする、話題の旅館・ホテル向けシステム。これまでとは一線を画した誰にでも使える簡単なシステムで、スムーズな予約管理と顧客管理が可能になり、お待たせしないおもてなしを実現できます。

また蓄積したデータは様々な販売促進計画の策定や、従業員の業務効率アップ、さらには貴館の将来的な経営改革への指針など、幅広い目的に有意義に活用することも可能ですから、単に業務を円滑にするだけに留まらず、貴館全体のクオリティアップにも大きく貢献してくれます。PMSについては、過去に公開した記事がありますのでこちらをご覧ください。【関連記事】ホテル・旅館のIT化の要! PMS導入で得られるメリットとは

 

「満室御礼」の導入がもたらす、5つの大きなメリット

①予約管理 - 宿泊予約管理を飛躍的にスムーズ化
お客様からかかってきたお電話を取る前に、お客様のお名前から過去の利用履歴やお好みのお部屋などがパソコン画面に表示される便利な「CTI機能」を搭載。予約受付時にはお部屋の混み具合や空室状況が色分けされたカレンダー画面によってひと目で確認が可能。

必要最低限の入力をするだけで簡単に予約登録が完了できますので、キャリアの浅いスタッフはもちろんどんな方にも予約受付業務を任せることができます。


②フロント管理 - 予約データとフロント業務情報を紐付け
チェックイン登録は、予約データと連動した見やすい宿泊予定一覧によってワンタッチで完了。仮に事前予約がない場合でも、宿泊履歴のあるお客様であれば、入力作業が大幅に簡略化されます。また精算・チェックアウト時も、面倒な本会計・個人会計の集計などがマウス操作だけで簡単に行えるため、これまで手間の掛かりがちだった領収書の分割なども自由自在です。


③顧客管理 - 自動蓄積された顧客データは、先行管理や販売促進に活用
「満室御礼」を通じて入力されたあらゆるお客様情報は自動的にデータベースに保存されていきますので、特別な操作を要せずとも貴重な顧客データが次々に蓄積されていきます。

これらの顧客データは、各種キーワードでの絞り込み検索を利用して呼び出すことが可能ですので、お馴染み様のご利用形態に合わせた様々なご案内や、季節ごとのDM発送など、多彩な販売促進企画や各種サービスに、自由自在に活用していただくことができます。

yoyakujouhou.png

(顧客・予約管理画面イメージ)

④経営情報管理 - 旅館ホテルに必須のレベニューマネジメントを実現
在庫の繰り越しができないという特性を持つ旅館ホテル業。季節やイベントによってお客様の入り込みも増減することから、リアルタイムで料金や予約を管理するレベニューマネージメントや、客室あたりの収益を最大化するイールドマネジメントなどの考え方が重要になります。

「満室御礼」なら、予約入力されたデータを基に予約推移や入込状況などをリアルタイムに素早く把握できる上、当日の売上や各種実績表など各セグメントごとに情報を収集することも可能ですので、目的に合わせた営業戦略が構築しやすく、貴館の収益の向上に大きく貢献することができます。


⑤豊富なオプションの活用で、貴館の特質を生かした機能の導入やカスタマイズも
また多彩なオプションメニューが揃っているのも「満室御礼」の大きな特長。客室に配備したタブレット端末を通じて、各種サービスの予約やお食事のご案内、館内・周辺の案内などまで、幅広いサービスを提供できる「スマートコンシェルジュ」。

お客様の入退室や清掃状況などを一元管理できる「モバイル・ルームインジケータ」、各種注文をお部屋伝票に連結できる「モバイル・オーダーエントリー」や「POS連動システム」などの便利なオプション機能を活用すれば、貴館のサービスは従来からワンランク、レベルアップができます。

さらに「売掛金管理システム連動」、「財務会計データ連動」など、他システムとの幅広い連動性をも有しているため、既存のシステムを生かしながら、効率的な貴館システムの導入を図ることも可能です。

 

「満室御礼」を導入した旅館からはこんな声が 

 「満室御礼」をすでに導入した祖谷温泉様からは、導入以前と導入後を比較したこんな声が届いています。

『当館の基幹システムを根本的に改革するため、「満室御礼」を導入しました。実際に使用するに当たっては、各種機能の活用のしかた、わからない部分など、細々した点までサポートスタッフの方々に丁寧にレクチャーしていただけましたので、当館としての初めてのシステム導入に際しても、一切不安を感じることはありませんでした。

また当館ならではの運営方法をしっかりと把握した上で、カスタマイズにも柔軟に対応してくださったおかげで、これまで当館の最大の課題だった従業員の働き方改革や生産性の向上に確実に結び付いています』

gamen_image0728.png

(部屋台帳画面イメージ) 

働き方改革や業務効率化については、過去に公開した記事がありますのでこちらをご覧ください。【関連記事①】ホテル・旅館の業務効率化の方法とは? 改善ステップと具体例を紹介 【関連記事②】人手での作業に苦慮していたレストラン食事対応が一変。テーブル管理システムの導入で業務のスムーズ化とミス・ロス削減を両立

IT補助金の申請によって、1/2の導入補助も

これらのソフトウェア導入を対象とした「IT導入補助金」とは、中小事業、自営業の方がITツールを導入する際に活用できる補助金です。6次締切分(7月31日締切)の後は、7次締切分(8月31日締切)が予定されています。もちろん「満室御礼」の導入に当たってもこの補助金を利用することができます。

申請に際してはITベンダー登録事業者とITツールの事前選択を決定した後、ウェブページ上ですべての申請が完結します。補助申請にはA・B類型と特別枠(C類型)がありますが、「満室御礼」はA類型に該当し、採択されれば補助率1/2(上限150万)までの補助が受けられます。※IT補助金の詳細は「IT導入補助金2020」にてご確認ください。

今後の業務改善を念頭においた基幹システムの刷新はもちろん、より質の高いおもてなしのご提供や働き方改革の実現、顧客管理の効率化や営業戦略への有効活用など、旅館ホテルの幅広い課題解決に役立つのが旅館ホテル業に特化した基幹システム「満室御礼」。

今、国からの補助金が活用できるこのチャンスを生かして、ぜひ貴館の「賢い改革」を成功させてみてはいかがでしょうか。

「満室御礼」へのご相談・お問い合わせをお待ちしております。

CTA_FROM.png


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。

▶メルマガ登録はこちらから

関連記事