館内情報もデジタル化、「客室タブレット」の活用でお客様満足度が一気にアップ!

館内情報もデジタル化、「客室タブレット」の活用でお客様満足度が一気にアップ!

 

【Contents】
●客室タブレットなら、いつでも最新情報をお客様にお届け可能!
・個人客化で、客室での情報収集がより重要に

●デジタルでの情報収集を頼りにしているインバウンドのお客様にも最適!
・今後の旅館ホテルに必須となるデジタル化
・インバウンドのお客様は、デジタルで情報をサーチする
・タブレットは省力化や営業戦略にも貢献

●いつでも旬な情報をタイムリーに発信できるから、幅広いお客様の満足度が飛躍的にアップ! 
・年齢層を問わず、多彩な情報に気軽にアプローチ

 

客室タブレットなら、いつでも最新情報をお客様にお届け可能!

貴館では客室での館内情報の発信をどのようなスタイルで行っているでしょうか。現状はおそらく客室に置いた冊子型やファイル型の館内案内で対応されている旅館ホテルが殆どだと思います。

もちろんその館内案内につねに最新情報が反映されていれば問題はないのですが、実際には過去の古い情報がそのまま掲載されたまま放置されているケースが数多く見られます。

 ▶関連記事▶業務効率化:業務連絡の「言った言わない」問題や聞き間違えを解決!次世代インカム 「SmaTalk Biz(スマトークビズ)」

 

個人客化で、客室での情報収集がより重要に

皆様の施設ではファイルブックそのものがくたびれていたり、数年前の色褪せたチラシが入っていたり、現在とは異なる施設の営業時間が掲載されていたりはしないでしょうか。

団体客から個人客へと旅の主流が移行するに伴って、お客様が客室で過ごす時間はますます長くなり、またその時間の重要性も高まってきています。

お客様がお部屋に到着されて館内の施設やサービスについての情報を得ようとしても、もしそこで的確な情報を入手できなければ、旅への期待感は一気に消滅し、お客様満足度も急落してしまうことは想像に難くありません。

そこで近年は、つねに新しい館内案内の情報を更新できる「客室タブレット」を取り入れられる旅館・ホテルが急増してきています。

tab_photo0114.png

 

デジタルでの情報収集を頼りにしているインバウンドのお客様にも最適!

今後の旅館ホテルに必須となるデジタル化

旅館ホテルのデジタル化は、ビジネスを拡大する意味でも大切なテーマです。特に新型コロナウイルスの影響で非接触型のサービス対応が求められている中で、客室タブレットの導入は最優先事項のひとつだと言えるでしょう。

客室用タブレットでは従来の館内案内では紙一枚でしかなかった情報を、ニーズに応じてさらに詳しく辿ることができます。

館内施設や周辺観光情報のご案内に際しても、例えば今日のレストランのおすすめメニュー、期間限定のイベントなどをより詳しくタイムリーにご提供することができるなど、お客様対応の幅が一気に広がります。

また現在もっとも重視すべき衛生面においても、タブレットは紙の冊子に比べてつねに除菌清掃して清潔に保つことが容易ですから、お客様の安全面での大きなアドバンテージを得ることができるでしょう。

 ▶関連記事▶デジタル化:「忘れ物管理システム」でお問い合わせに迅速に対応。顧客満足度の向上へ。

 

インバウンドのお客様は、デジタルで情報をサーチする

お客様にお伝えしたい情報を、その場ですぐにコミュニケートできる客室タブレットの存在は、旅館ホテルにとってもはや新しいおもてなしのスタイルのひとつであると言っていいかもしれません。

特に日本の観光情報に不案内な海外からの観光客においては、webサービスを中心としたデジタルによる情報収集は、旅の基本スタイルとなっています。

残念ながら今は新型コロナウイルスの影響で海外のお客様の利用は少なくなってしまっていますが、しかしいずれは数多くの利用が見込まれます。

タブレットの画面表記は日本語の他、自動翻訳で英語、韓国語、中国語など複数の言語対応が可能ですし、自在なカスタマイズによって貴館ならではのサービスへの対応も可能です。

近々に戻ってくる大きなインバウンド需要を見越してのタブレットの導入は、訪日観光客に対してよりスムーズかつ快適な情報を提供することができる、もっとも手軽なインバウンド対応となり得るでしょう。

 

タブレットは省力化や営業戦略にも貢献

さらに客室タブレットの導入は、労務面や販促面でもさまざまなメリットがあります。

これまで館内案内の更新に際して、各種の印刷物を作成しすべての客室にいちいち配備していましたがタブレットならパソコン1台で作成した情報を全館で一斉に共有・更新できるため、人の手を煩わせることがありません。

さらにはタブレットをお客様サイドの端末として位置づけ、PMS(基幹システム)と連動させれば、簡単にお客様情報の一元化を図ることもできるため、顧客情報の収集から精算までの手間を大幅に削減することも可能となります。

 

いつでも旬な情報をタイムリーに発信できるから、幅広いお客様の満足度が飛躍的にアップ! 

年齢層を問わず、多彩な情報に気軽にアプローチ

実際に客室タブレットを導入している旅館ホテルはお客様からの反応や手応えに、想像以上の満足を得ています。ある旅館からは「お客様の年齢を問わず客室タブレットを活発に利用していただいています。

館内の情報はもちろんのこと、周辺観光やお土産品ページなどをよくご覧いただいているようです。こうした状況を受けて今後は貸切風呂の利用状況や本日のおすすめ料理などもよりタイムリーに発信していきたい」という声を寄せていただいています。

タブレットの機種によっては、内線電話オプションを付けることも可能ですので、これらを導入すれば客室とフロントの双方向コミュニケーションも実現でき、真の顧客サービスの一翼を担うこととなるでしょう。

 

客室タブレットの導入や業務のデジタル化は、実績豊富なエイエイピーにご相談ください!

インバウンド対応から販売促進、労務面まで多方面にわたって多くのメリットを持つ客室タブレットの導入を始め、webからマーケティング戦略全般に至るまで多方面で貴館の経営改善を強力に推進できるのが、旅館ホテルのデジタル化です。

旅館ホテル業界で長年の歴史と実績を持つ総合広告商社株式会社エイエイピーでは、貴館の現状に最適なデジタル化戦略からインバウンド対応策などまでを多彩にご提案しています。

効果的な施策が思ったように打ち出せていない。webや動画、デジタルマーケティングをもっと積極的に活用したい。現在の戦略がターゲットに適切にミートしていないなどのお声に、ワンストップで幅広くご対応しています。

 

デジタルマーケティングやシステム導入のご相談・お問い合わせをお待ちしております。

CTA_FROM.png


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。

▶▶メルマガ登録はこちらから

関連記事