ポイントカードシステム「ミニラボ」で手軽にトライ!今日から始めるデジタルポイント管理

ポイントカードシステム「ミニラボ」で手軽にトライ!今日から始めるデジタルポイント管理

 

1年以上にわたって長期化し、まだ終息が見えてこないコロナ禍。GoTo トラベルキャンペーンをはじめとする数々の振興策が実施されたものの、この未曽有の混乱の中で旅館ホテルが自立していくためには、自館の顧客をしっかりと確保し、また囲い込むことが最も重要であることは論を待ちません。

ガッチリとした顧客管理システムを確立するためには、本来であれば顧客情報の管理やマネジメント、マーケティング戦略までをきめ細かくカバーするべきです。

しかし、それにはPMSの入れ替えや組織体制の刷新、時には人的資源の拡充なども必要となるなど、投資のハードルが高くなってしまうため、なかなか手を付けることができないという旅館・ホテルも多いことでしょう。

とはいえただ手をこまねいているだけでは、この状況を脱することはできません。そこで今すぐ始められる顧客管理として、まずはポイントカードシステムを導入することからスタートしてみてはいかがでしょう。

今回はそんなニーズにぴったりのポイントカードシステム「ミニラボ」を紹介します。

▶併せて読んで頂きたい注目記事▶観光DX入門編!まずは手持ちのイラストマップのデジタル化から始めませんか?

【CONTENTS(目次)】 
1.ポイントシステムが失敗する原因の多くは、「使う際の手間と面倒」
2.QRコードをかざすだけの「ミニラボ」なら、誰でも簡単!
・お客様は、いつでもどこでも自分のポイント数を確認できる
・旅館ホテル側は、タブレットひとつで顧客情報を管理・運用
3.旅館ホテル側が用意するのは、読み取り機ひとつだけ
4.自館らしさをデザインしたオリジナルカードは、お客様とのコミュニケーションツールにも

ミニラボ2.jpg

 

1.ポイントシステムが失敗する原因の多くは、「使う際の手間と面倒」

これまでもカードを使った顧客管理システムは数多く存在しましたが、実はあまりうまく活用されていないケースが多いというのも事実です。そして、こうした失敗例のほとんどは、施設側やお客様側にかかる余計な手間や面倒さに起因しているのです。

その失敗例を具体的に挙げてみると、例えばポイント付与のためにスマホやPCで会員ページにログインしなければならないシステムの場合、旅館ホテルのスタッフがその都度お客様にその仕組みをご案内し、ポイントが付与されるまでの一部始終をケアする必要が生まれます。

特にデジタルに疎いシニアのお客様の場合は、結局はスタッフがポイント付与手順を代行することになってしまうのが実情でしょう。

自館とお客様双方の満足のためにお客様情報を管理するはずが、これではまさに本末転倒です。またカードシステムの中には、専用アプリのダウンロードを求められるものもあります。

しかしスマホを日常的に使用しているお客様ほど、そのアプリが本当に自分にとって有用かをシビアに判断する傾向がありますから、結果的に「ムダなアプリが増えるし、面倒なのでポイントは結構です」となりがちです。

またアプリのダウンロードは不要でも、スマホが前提となったポイントシステムであれば、当然スマホを持たないお客様やスマホに不慣れなお客様にはそのメリットを享受していただくことはできません。

ポイントカードシステムを成功させるには「お客様を選ばず、どんな方でも簡単に使えること」「施設側・お客様側の双方に一切の面倒がないこと」が必要条件となるのです。

 

2.QRコードをかざすだけの「ミニラボ」なら、誰でも簡単!

失敗を招く要因となる手間と面倒を一切排除した、とても簡単なポイントカードシステムが「ミニラボ」。お客様にも分かりやすく使いやすいというのがその最大の特徴です。

使い方は超簡単。旅館・ホテルのフロントにて、お客様からご提示頂きましたカードをミニラボ端末機でカードに記載されたQRコードを読み取り、ポイントを付与・交換致します。

1つの画面でポイントの付与・交換処理が可能ですので、旅館ホテルのスタッフにとっても操作は簡単です。

お客様はご自身のカードのQRコードを読み取るだけの簡単操作の為、旅館・ホテル側のスタッフにとってもわざわざお客様に使い方を説明する手間がありませんから、旅館・ホテルにもお客様にも分かりやすいWIN-WINのシステムだと言うことができるでしょう。

ミニラボ1.png

 

旅館・ホテル側は、タブレットひとつで顧客情報を管理・運用

一方の旅館・ホテル側でも管理・運用はごく簡単。Androidタブレットひとつあれば、簡単にお客様ごとのポイントの確認や加算・減算ができますから、ポイントカード導入が初めての施設や、顧客管理に不慣れなスタッフでも迷うことがありません。

さらに顧客のポイント数以外にも、そのポイントの有効期限の管理や、お客様の来店履歴の確認、予約日時の登録・管理、さらには日報や月報の集計分析までを網羅していますから、たった1枚のカードによって幅広い顧客情報の管理はもちろん、それに基づく営業戦略立案にも自在に活用することが可能になります。

 

お客様は、いつでも自分のポイント数や予約日時を確認できる

お客様側が溜めたポイント数はご自身のスマホで簡単に確認できます。操作もシンプルで、カードのQRコードをスマホで読み取るだけ。わざわざ施設に行かなくてもいつでもどこでも確認することが可能です。

また旅館・ホテルの予約日時も確認できますから「うっかり」防止にも効果的。さらに旅館・ホテルからのメッセージ機能やSNSとのリンク機能など、お客様本位の有用な機能も充実しています。

スマホを持たない方でもカード1枚で簡単にポイントが貯められ、またスマホをお使いの方ならより便利に幅広く利便性を享受できる「ミニラボ」は、まさに老若男女、誰でも簡単に使えるポイントカードシステムです。

ミニラボ3.jpg

 

3.旅館ホテル側が用意するのは、読み取り機ひとつだけ

「ミニラボ」の導入に必要となる機材は、QRコードの読み取り端末ひとつだけ。あとはお客様に配布するためのオリジナルQRカードを作成すれば、その日からすぐに運用することが可能です。

先にもふれましたが「ミニラボ」はお客様がアプリをダウンロードする必要がありませんから、もちろんお客様への操作方法の説明も一切不要。

スタッフへの余計や業務負担を与えることもない上、顧客管理に必要となる機能をしっかりと備え、しかも低コストで手軽に導入できるポイントカードシステム「ミニラボ」は、初めてのトライにぴったりの顧客管理システムだと言うことができるでしょう。

▶併せて読んで頂きたい注目記事▶デジタル社会化で宿泊業界も激変!今さら聞けない「観光DX」とは?

 

4.自館らしさをデザインしたオリジナルカードは、お客様とのコミュニケーションツールにも

「ミニラボ」ではシステムの導入時に、お客様にお渡しするオリジナルのメンバーズカード作成までがセットになっています。

貴館ならではの個性や雰囲気、独自の魅力を表現したオリジナルのデザインカードは、貴館のイメージアップに貢献するのはもちろん、大切なお客様との間をつなぐコミュニケーションツールとしても有用です。

美しく印象的な写真で貴館のイメージを情緒豊かに伝えるのはもちろん、電話番号やURL、最寄り駅からのアクセスなどカードに記載した情報によってお客様により便利に活用していただくことに貢献することでしょう。

旅館・ホテル業界にとって喫緊の課題となっている観光DX。

デジタル情報による顧客管理とそのデータを活用した効果的なマーケット戦略はもはや必須となっていますが、一から本格的なシステムを構築するのはハードルが高いのもまた事実です。

手軽に、業務負担もなく、しかも少額の費用で導入できる「ミニラボ」は、最初のトライにぴったりのポイントカードシステムです。

導入に関するご相談やお問い合せは、株式会社エイエイピーまでぜひお気軽にお声がけください。

CTA_FROM.png


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。

▶メルマガ登録はこちらから

関連記事