自動精算機でフロント業務をスムーズ化!さらに顧客満足度Upやインバウンド対応にも貢献!

自動精算機でフロント業務をスムーズ化!さらに顧客満足度Upやインバウンド対応にも貢献!

 

旅館ホテルの大きな悩みのひとつが、チェックイン時チェックアウト時の業務の集中。

お客様をお待たせしないよう多くのスタッフを配備する必要があるのはもちろん、同時に3密回避の観点からもロビー周りの混雑はできるだけ避けたいところですが、それらをすべて満たすのはなかなか困難なのも確かです。

しかし、そんな悩みを解消できるぴったりの手立てがあります。それが精算業務そのものをスムーズ化する自動精算機の導入です。

自動精算機は多くのメーカーから数々の商品が提供されていますが、今回はその中でも、煩雑になりがちな旅館ホテルのフロント業務を省力化することはもちろん、スムーズな精算によって貴館のおもてなしのクオリティ向上にも寄与する自動精算機「アルメックスKIOSK」をご紹介します。

スタッフを介することなくお客様ご本人が直接宿泊費を精算できますから、精算処理のためにお客様をお待たせすることも、また多くのスタッフを必要とすることもありません。いつもスッキリとしたフロント・ロビーで気持ちよくお客様をお迎えすることができます。

【CONTENTS(目次)】
1.人手不足の悩みを解決するには、精算業務の改善が近道!
2.自動精算機「アルメックスKIOSK」の優れた機能
3.スムーズな精算業務は急回復するインバウンド対策にも!

関連記事▶今さら聞けない「観光DX」とは?デジタル社会化で旅館・ホテル業界も激変!

 

1.人手不足の悩みを解決するには、精算業務の改善が近道!

チェックインやチェックアウトの精算はやはり人のサービスでなければ…、とお考えの方もいらっしゃいますが、旅行スタイルの変化によって旅行客が宿側に求めるサービスのあり方も大きく変容している今、むしろ人の手を介することで生じる余計な気遣いや待ち時間を避けたいと考えるお客様がますます増えてきています。

旅館ホテル側としても、煩雑で神経を使う金銭の授受や管理からスタッフを開放することができれば、その人的な余裕を接客サービスの向上へと振り向けることが可能になります。

人手不足が慢性化する中、人的資源をどのように効率的に活用するか、そしてサービス品質を向上させるかは、これからの旅館ホテルにとって最も大きな経営改善課題のひとつだと言えるでしょう。

 

2.自動精算機「アルメックスKIOSK」の優れた機能

自動精算機「アルメックスKIOSK」は、現金、クレジットカード、QRコード決済に対応。さらに精算機能の他にも広告表示で収益アップにも貢献する自動精算機です。

主要機能として、電子宿泊台帳機能、クレジットカード・QRコードでの決済機能、セルフチェックイン機能などを持ち、パスポートの読み取りやレシート(領収証)発行にも対応しています。

使用方法もごく簡単で、チェックイン時のフロントの手続きは宿泊カードにご記入いただくだけ。あとはお客様ご自身に自動精算機で宿泊費を事前精算していただけば完了です。操作も精算機の指示に従うだけですから、機械の扱いに不慣れな方やシニアの方にも安心。精算が済むと同時に客室のルームキーが自動的に提供されますので、精算に関わるスタッフの業務がほぼすべてなくなります。

チェックアウト時はさらに簡単。お帰りになるお客様が指定の箇所にルームキーを返却すればそれでチェックアウト終了!宿泊費以外の精算がある場合も、お客様ご自身が自動精算機で追加精算するだけでOKです。

関連記事▶【観光DX情報①】紙媒体での情報発信は時代遅れ?コロナ感染防止にも役立つ館内案内システム「ポケやど」

自動精算機.png

 

3.スムーズな精算業務は急回復するインバウンド対策にも!

チェックイン・チェックアウトの迅速さは、旅館ホテルの顧客満足度を左右する大きなファクター。スムーズで手際の良い対応と、上質なホスピタリティの両立は、これからの旅館ホテルにとって見落とすことのできない要素です。

また自動精算機の存在は、インバウンド対策の大きなカギにもなります。海外からのお客様をお迎えするにはバイリンガルやトライリンガルのスタッフが必要となりますが、アルメックスKIOSKは日本語はもちろん、英語、中国語、韓国語などの多言語対応ですから、これまで以上に幅広いインバウンド客の迎え入れにも安心です。

また自動精算機なら、どんなお客様でも戸惑うことなくスムーズにチェックイン・チェックアウトが行えますので、日本旅館に不慣れなお客様でも余計な不安を感じることなく、日本旅館の魅力やおもてなしの真髄を心ゆくまで満喫することができるでしょう。

現在はコロナの影響も大きく、海外からの観光客が一時ストップしている状況ですが、これが終息次第、再び一気に来日観光客が増加することは想像に難くありません。急激に膨れあがる外国人旅行客に対して、受け入れる側の旅館ホテルにとっては、実効的なインバウンド対策をどう施行していくかは喫緊の課題でしょう。

配備するだけでスタッフの業務負担を軽減し省力化に大きく寄与するとともに、ロビー周りの動線もすっきりスムーズ化。さらには、安心して海外からの観光客をお迎えできる高機能な自動精算機「アルメックスKIOSK」。観光DXやそれに伴う業務改革、補助金の活用なども視野に入れた上で、一度検討してみる価値がありそうです。

▶公式サイトはこちら
▶「アルメックスKIOSK」についての詳細はこちら

関連記事▶【観光DX情報②】5次締切は12月中予定!IT導入補助金が利用できる基幹システム


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。



関連記事