ホテル・旅館のメールマガジン(メルマガ)には何を書く? リピーターを獲得できる内容とは

 

コストを抑えて手軽に情報発信ができるメールマガジン(メルマガ)。TwitterやFacebook、InstagramといったSNSを使った広告と比べると、やや目新しくない印象を持たれるかもしれませんが、インターネットの基本的な技術を活用したスタンダードな手法ですので、トレンドに左右されることなくターゲットに情報を届けることができるマーケティング手法と言えるでしょう。

メルマガは、ホテル・旅館のリピーター客を獲得するための手段としても有効です。今回は、ホテル・旅館のメルマガを作成する際に書くべき内容について考えていきましょう。

 

ホテル・旅館でメルマガを活用するメリット

ホテル・旅館業界にとって客室稼働率を安定させるためには、リピーターを獲得することが重要になります。その手段のひとつとしておすすめなのが、メルマガの配信です。では、SNSやホームページでの情報発信とは別に、メルマガを配信することで、どのような効果が得られるのでしょうか。メルマガを活用するメリットについて、詳しくみていきましょう。

直接販売に繋がる

既に自社ホームページがある場合は、ランディングページの記載されたメルマガを配信することで、自社サイトへの訪問を促すことができます。早期予約割引やお得な宿泊プランを紹介しているページに誘導することで、予約につながる可能性を上げられるでしょう。

低コストで実施できる

メルマガ最大のメリットのひとつが、コストを抑えて宣伝活動できるということです。情報発信のために定期的にDMなどを送付する場合、用紙や印刷、切手などの費用、またそれらを手配するための作業コストがかかりますが、メルマガの場合はメールを書いて一斉送信するだけなので、実質的にコストはかかりません。

多数の顧客に情報発信できる

ホームページを使って情報発信をする場合、お客様がホームページを閲覧しなければその情報は埋もれたままになってしまいます。その点、メルマガであれば、伝えたい情報を多数のお客様に発信することができるため、効率的に旬の情報を届けることが可能です。

お客様の記憶に残る

メルマガを使って定期的に情報発信することで、お客様の記憶に残る可能性が高くなります。季節ごとの観光地の様子や見どころ、新しくできたホテル・旅館近辺のグルメスポット、ホテル・旅館の新しいサービスなどの情報を積極的に配信して、何かの時に思い出してもらえる存在を目指しましょう。

【関連記事】
ホテル旅館の閑散期にできる集客対策とは

 21_メルマガ2.jpg

 

読まれるメルマガにする工夫

 メルマガは一度に大勢のターゲットへ情報発信することができますが、残念ながら全ての人が確実に読んでくれるわけではありません。受信ボックスからそのままゴミ箱へ移動されてしまわないように、内容を工夫する必要があるわけです。

では、実際に読まれるメルマガにするためにはどうしたら良いのでしょう。メルマガを作成する際に気をつけるべきポイントは以下の通りです。

身近な話題を取り上げる

お客様に親近感を持ってもらえるように、スタッフの人柄や、顔が見えるようなコンテンツを目指しましょう。新商品開発やサービス改善への取り組み姿勢、場合によってはクレームなどの問題解決の様子も紹介することで、お客様からの信頼感を高めることができます。

役に立つ情報を発信する

ホテル・旅館のアピールだけでなく、お客様のためになるような情報を発信するように心がけましょう。その際は、カップル、ファミリー、女性グループ向けなど、自分の施設に泊まってくれるお客様をセグメント分けし、それぞれにとって役立つ情報を発信していった方がよりお客様の興味を引きつけることができるでしょう。

また、ホテル・旅館の周辺情報を発信していくのも良いでしょう。特に、季節ごとの魅力を紹介することで、以前利用した時とは異なる時期の宿泊を促すことができます。

過度なアピールは避ける

リピーター獲得がメルマガの目的ではありますが、だからといって過度な売り込みのしすぎは逆効果です。お得な情報はできるだけ控えめに組み込むようにしましょう。

【関連記事】
ホテル・旅館のリピーターを増やすために取り組むべき4つのポイント

 

メルマガを利用したマーケティングの指標

 メルマガをマーケティングの手段として活用する際には、配信後の効果をきちんと測定することが大切です。メルマガを配信したことでどのような効果があったのか、反対にどのような問題点があったのか調べることで、より配信することに意味があるメルマガへと改善していくことができるからです。では、どのようにしてメルマガの効果を測定することができるのでしょうか。代表的な効果測定指標は以下の通りです。

到達数

お客様から集めたメールアドレスのなかには、既に使われていないものや、アドレスそのものが間違っているものも意外と多くあります。メルマガを配信したら、相手の受信ボックスに届いた数も把握しておくことが大切です。

開封率

HTMLメールを利用したメルマガ配信を行っている場合、そのメルマガの開封率を把握することも大切です。メールの件名を工夫するなどして、開封率アップを目指しましょう。

クリック数

メルマガにランディングページのURLなどを掲載した場合、そのクリック数も重要な指標となります。

コンバージョン数

コンバージョン数は「メルマガの配信目的が達成された回数」を指します。ホテル・旅館の場合、メルマガを送ったことで宿泊予約が入った、リピーターの獲得につながった、などがコンバージョンにあたります。


昔から行われているメールでのマーケティングですが、内容を工夫し、きちんと効果測定を行えば、有効なマーケティング手法となります。

一方的に施設のアピールをするのではなく、お客様の役に立つ情報を発信し、まずは読んでもらえるメルマガを目指しましょう。

関連記事