複数サイトを一括管理! ホテル予約サイトコントローラーの仕組みを解説

複数サイトを一括管理! ホテル予約サイトコントローラーの仕組みを解説

インターネット上だけで旅行商品を販売する旅行会社「OTA(Online Travel Agent)」。日本はもちろん、世界中の旅行者に対し、24時間いつでも宿泊施設を紹介してくれるため、インバウンド観光客の獲得を目指すのであればOTAを上手に活用するのがおすすめです。ただし、複数のOTAを利用した場合には、空室を把握しにくいなどのデメリットもあります。そうした問題を解決してくれるのが、複数のOTAの予約状況を一元管理することのできる「サイトコントローラー」です。

では、サイトコントローラーとはどのようなものなのでしょうか。サイトコントローラーの機能や、導入するメリットについて、詳しく解説していきます。

19_サイト管理2.jpg

 

サイトコントローラーとは

インバウンド観光客を呼び込むためには、国内だけでなく海外にもホテル・旅館の情報を積極的に配信して、日本滞在中の宿泊先として選んでもらう必要があります。とはいえ、自社のホームページを海外から見つけてもらうことはなかなか難しいですし、規模の小さな旅館ではホームページがない場合もあるでしょう。 

そこで、必要なのが「OTA(Online Travel Agent)」になります。OTAに自分の施設や宿泊プランを登録することで、海外に広く紹介することができるのです。しかし、複数のOTAにホテル・旅館の情報を掲載した場合、空室や予約管理の難しさに苦労するケースは少なくありません。

そうした問題を解決してくれるのが、複数OTAを管理できるシステム「サイトコントローラー」です。サイトコントローラーを利用することで、空室はもちろん、料金やプランの更新を一元管理できるようになります。

 

サイトコントローラーの機能

サイトコントローラーを提供する会社は複数ありますが、それぞれのサービスにより、特徴が異なります。サイトコントローラーを利用する場合には、機能をきちんと理解した上で、自分の施設にとって必要な機能を持ったものを選ぶことが大切です。

では、サイトコントローラーの主な機能について詳しく見ていきましょう。

 

カレンダーによる直感的な在庫・料金管理

複数OTAを利用する際に気をつけるべきなのが、在庫や料金の管理です。例えば、A社、B社、C社という3つのOTAを利用していて、A社で宿泊予約が入った場合、同じ日にB社、C社で予約が入っていないか確認する必要があります。

サイトコントローラーにはカレンダー機能があり、カレンダー上で複数OTAの予約状況の確認や更新が可能です。この機能により、在庫(空室)管理の負担が大幅に軽減されるというわけです。また、期間限定価格や早期予約割引などの価格設定も、カレンダー上で一元管理が可能です。

 

料金プランのグループ化

夏休み期間、クリスマス、年末年始などの予約が集中しやすい繁忙期、または、休日前、平日などカテゴリー別に料金プランをグループ化できます。グループ化した料金プランは、カレンダー上で、複数の日付に対して一括設定することができます。

 

リストによる予約情報の管理

それぞれのOTAからの予約情報は一覧表示が可能で、名前、滞在日、予約日といったさまざまな条件で検索することが可能です。サイトコントローラーの種類によっては一覧リストを印刷したり、CSVデータとして保存できるものもあります。

 

販売実績などの分析

OTAごとの予約状況や、稼働実績、販売実績などを細かく分析し、経営計画やマーケティングに役立てることができます。

 

サイトコントローラーを導入するメリット

サイトコントローラーを導入することで、ホテル・旅館側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。主なメリットは以下の通りです。

 

オーバーブッキングと機会損失を回避できる

複数のOTAを利用しているホテルのなかには、在庫(空室)の管理がうまくいかず、実際の空室数よりも予約数が上回ってしまう「オーバーブッキング」が発生したり、オーバーブッキングを懸念して、各OTAで販売する客室を実在庫よりも少なくするケースもあります。サイトコントローラーを利用することで、こうしたオーバーブッキングや機会損失を回避することができます。

 

予約管理者の事務作業の効率化

サイトコントローラーを導入することで、空室管理、料金設定、予約情報などを一元管理でき、複数のOTAの設定を一度に変更できるため、予約管理者の事務作業が大幅に効率化されます。

 

 

サイトコントローラーを導入する上での注意点

サイトコントローラーの導入には多くのメリットがありますが、実際に導入する際には以下のポイントについてきちんと理解しておくことが大切です。サイトコントローラーを導入する際の注意点を詳しく見ていきましょう。

 

初期費用・手数料がかかる

複数のOTAを一括管理できる便利なサイトコントローラーですが、利用するためには初期費用と手数料が発生します。サイトコントローラーの種類によって費用はまちまちですが、初期費用は30,000円~100,000円程度(一部のサービスで無料のものもあります)、月間手数料は3,000円~20,000円程度になります。

 

ホテル・旅館に適したサイトコントローラーを導入する

サイトコントローラーのサービスや機能は、さまざまに異なります。OTAだけではなくリアルエージェントの管理も行えるものや、インバウンドに力を入れているものなど、客層や利用する旅行代理店によって、導入するサービスを選ぶ必要があります。また、複数のOTA間の空室管理では、同期にかかる時間がそれぞれのサービスで異なります。同期に時間がかかるものでは、オーバーブッキングの可能性がゼロではないため、予約が多い旅館では注意が必要です。もちろん値段も検討事項の一つでしょう。

 

複数のOTAを一元管理できるサイトコントローラーを導入することで、煩雑な作業や、オーバーブッキングを減らせる可能性があります。特徴や機能をよく調べた上で、ホテル・旅館により適したサービスを選びましょう。

関連記事