見出し画像

人を醸す癒やしの舞台「醸す森」を新展開【酒の宿 玉城屋】

約1,200万年前の地下海水を源泉とする新潟県松之山温泉は、冷え性や疲労回復に高い効能を持つと言われ、有馬温泉、草津温泉と並んで日本三大薬湯のひとつに数えられています。

また雪国新潟は美しく芳醇な水と、豊かな自然が育む四季折々の食材、そして古くからの営みの中から生まれた発酵食品などの保存食文化が根づいた地域。

こうした環境の中で生み出される日本酒も銘酒ぞろいで、国内を代表する酒の名産地としての地歩を確かなものとしています。

そんな新潟県松之山温泉にあるのが今回紹介する「酒の宿 玉城屋」。この地に4代続く老舗旅館のアイデンティティは、その名のとおり「お酒」への徹底したこだわりにあります。



1.利き酒師、酒匠の資格を持つ4代目の取り組み

国内を代表する日本酒の名産地・越後には、「米・水・気候」そして、日本一の越後杜氏が揃っています。

「せっかく新潟に来ていただいたのだから、食事はもちろん新潟の地酒も楽しんでいただきたい」と語るのは、横浜の国立大学を卒業後、名門・辻調理師専門学校で料理を修業、さらに一部上場企業で実地の経営を学んだ後、伝統ある酒の宿 玉城屋を受け継いだ4代目のご当主。

利き酒師に加えて、さらに利き酒師の上位資格である「酒匠(さかしょう)」の資格を持ち、第5回世界唎酒師コンクールでもファイナリストとなるなど、つねにお酒と味わい、そして経営に真摯に打ち込み、その熱き想いを玉城屋へと注ぎ続けています。

日本酒は、ここでしか飲めない地元限定酒を中心に100種類を超える銘柄を用意。新潟を代表する淡麗辛口から、お米の旨みを強く感じる芳醇旨口タイプや香り高いワインのような日本酒などまでが幅広く取り揃えられています。

お客様それぞれのお好みはもちろん、味わう季節や合わせるお料理、温度や器にまできめ細やかに気を配って、その日一番美味しいお酒を一番美味しい状態でサーブし、日本酒が苦手な方にも心から美味しいと思える日本酒体験を届けています。


2.日本一のお酒とフレンチとのマリアージュで個性あふれる魅力を創出

そんなお酒をより美味しく味わうために、合わせる「食」へのこだわりも徹底。

そのキーマンが『ミシュラン東京』にて7年連続で星を獲得しているフレンチ・レストラン『リューズ』から招聘した栗山昭シェフの存在です。

栗山シェフは本格フレンチの調理技法を駆使して越後の里山の食材に生命を吹き込み、これまでにない新たな食の魅力を引き出し続けています。

そんな栗山シェフの創る新たなフレンチに、「酒を調理する」酒匠でもある4代目が希少な越後の地酒やワインをペアリング。そのマリアージュによって生まれる自然豊かな里山ならではの珠玉の味わい「里山キュイジーヌ」を、新たな旅の歓びへと昇華しています。


3.酒の宿の名にふさわしく、名品ワインも充実

日本酒が特に有名なだけにあまり知られていませんが、 新潟は知る人ぞ知るワインの聖地でもあり、その歴史も「日本のワイン葡萄の父」とも呼ばれる川上善兵衛氏がワイン醸造の事業を起こした125年以上も前にまで遡ることができます。

酒の宿 玉城屋の4代目は、実は利き酒師、酒匠であると同時にソムリエ資格を持つワインの専門家でもあります。

3万本以上のワインをテイスティングしているメンバーとともに、ソムリエとして自信を持ってお勧めできる真に美味しいワインを厳選してご提供。酒の宿 玉城屋に泊まる魅力とその価値をさらに高めています。


4.BAR & HOSTEL 醸す森[kamosu mori]から広がる、新たな癒やしの旅

酒の宿 玉城屋が「あなたを醸す」をコンセプトとして新たに展開している旅のステージが、BAR & HOSTEL 醸す森[kamosu mori]。

お酒がお米と麹、酵母の出会いから生まれるように、ひとやお酒、新潟の風土と出会うことで旅人の中にも何かが生まれるはず。

そんな想いを背景に、松之山の森に囲まれた広大な敷地を「ひとを醸すフィールド」と位置づけています。

醸す森バルではソムリエが厳選したワインや日本酒と、地元食材を取り入れたカジュアルなフレンチで、旅人がそれぞれのスタイルで多様な癒やしの時間をゆったりと楽しむことができます。

至上のリラックスを味わえることを最優先した空間は、お客様それぞれがお気に入りのシチュエーションの中で、思い思いに豊かなお酒との出会いが楽しめるよう配慮されています。

また醸す森は館内に温泉やホステルも併設しているため、夜遅くまででも気兼ねなくお酒と癒やしの時を楽しめます。

泊まった翌日は周囲に広がる森を散策して自然の息吹を感じたり、地元の方々と交流できる多彩なプログラムを通じて里山の営みや文化にふれ、お酒と食文化の魅力をより奥深くまで体感することもできます。

お酒と食、そして里山の文化が美しく融合したBAR & HOSTEL 醸す森[kamosu mori]。そこにはきっとこれまでに味わったことのない、こころと身体の至上のリフレッシュ体験が待っているはずです。

酒の宿 玉城屋(新潟県・松之山温泉)
〒942-1432 新潟県十日町市松之山湯本13(Googleマップ

BAR & HOSTEL 醸す森[ kamosu mori ]
〒942-1341 新潟県十日町市松之山黒倉1879-4(Googleマップ

【公式サイト】
酒の宿 玉城屋
BAR & HOSTEL 醸す森[kamosu mori]

※2021/10/28公開の記事を転載しています


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。

▶▶メルマガ登録はこちらから


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後までお読みくださり、ありがとうございます。励みになりますのでコメントいただくのも嬉しく、今後の参考になります。また、課題共有と解決ご提案、協業のご相談は、お問合せフォームよりリゾLAB編集部までお気軽にお寄せください。適切な担当者がご返信いたします。