見出し画像

【緊急】挑戦する価値アリ!人材不足対策事業補助金|二次公募はじまる

はい、緊急でnoteを執筆していますが(^^)/

6月19日、観光庁が「観光地・観光産業における人材不足対策事業」の二次公募を開始します。と発表しました。


当社実績ゼロ!!

執筆しているのは6月20日朝、なぜ思いたったか、整理しますと

①4月18日、リゾLABで「人材対策不足事業の特設サイトオープン、申請のポイントを解説」記事を公開、いち早く公募情報を告知拡散(したつもり(^^;)

②(株)エイエイピーでは「補助金・補助事業の申請支援、採択実績」を数多くもっており、その95%以上が、ホテル旅館、DMO、観光協会、観光行政など観光業界の方が申請・実施主体です

③観光業の人材不足はコロナ直前から始まり、この5年ほどでさらに悪化、今、究極に困っている大課題、という認識

①②③の状況がありながら、「人材不足対策事業第一弾」の当社申請支援実績はゼロ!!!Σ( ̄□ ̄|||)

この現実状況に愕然として、執筆を思い立ったところでした。。


これって使えるの?

ホテル旅館さま側に立って、現状を推察しますと

①もうひとつの申請ハードル、「高付加価値化ガイドラインの登録」!
 ▶これって実は2つの申請を同時にやることになるよね、、
②4~5月、色々な補助金応募ラッシュ!
 ▶手が廻らなかった
③IT補助金、中企庁省力化系、価格高騰対応設備導入系、業務改善助成金!   
 ▶これらの要件が、欲しい設備導入にはまらなかった
④当社以外にちゃんと相談して応募した!
 ▶ので論外 (^^;

④の方はここで離脱していただいて(^^)



こんな理由なら応募価値アリ

他の理由なら、今回挑戦する価値ありと思ったのは下記理由です

①今なら時間ある

 ▶応募内容をどう作文するか、の前に他者に相談する時間がありますね

②様式内容が比較的簡単

 ▶伴走者の簡単なオーダーに応えるだけで、然程手間なく応募可能

③高付加価値化のための経営ガイドラインも「準」ならそんなに難しくない

画像をクリックで観光庁の資料pdfが開きます

④最近、複数のホテル旅館オーナーからよく聞いていた

 ▶「省力化や生産性向上の補助金ってメチャ多いけど、自分が買いたいものがどの補助金に最適かわかりづらい」
 ▶「今使っている厨房機器が古くて効率も悪いので、最新のものに買い替えたい。」
 ▶「今のモノの何倍もするけど、500万円くらいのが欲しい」
 ▶「バイトでも誰でも簡単に使えて、しかも高品質なアウトプットなので、圧倒的に違うものを買いたい」

この二次公募を見て、これらの言葉を思いだしたときに、
「使えるじゃん!この補助金で応募チャレンジしては?」と

このエピソードを通じて、1社でも多くのホテル旅館の人材不足対策に力が漲れば! と思った次第です。


こんな方に向いてます

当社に相談したくなった方は、こちらからご連絡ください。
ご相談フォームはコチラ

✔ 人材不足で困っており、且つ、欲しいITシステム、設備、備品がある
✔ 補助金、補助事業の申請が一人では不安。
✔ 申請支援と購入をセットでお願いできるところがあるとラク
✔ 相談先の実績や確度が不安

こんな方は、私(執筆者)の申請支援、採択事例をダウンロードして、検討してみるのもアリですね。モチロン、「DLしたけど相談しない」も全然OKですよ。

▼DLは画像をクリック

資料DLは画像をクリック ※DLするとモザイクは外れています

「観光ビジネスのミライにヒント」でみなさんのお役にたちたい、リゾLAB中の人|N.N.  がお届けしました!


毎週配信をしているリゾLABのメールマガジン「リゾMAGA」。新着記事の紹介、旅行・観光関連のデータやプレスリリースなど、旅館・ホテル業界に関わる方におすすめの情報を届けます。

▶メルマガ登録はこちらから

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

記事を最後までお読みくださり、ありがとうございます。励みになりますのでコメントいただくのも嬉しく、今後の参考になります。また、課題共有と解決ご提案、協業のご相談は、お問合せフォームよりリゾLAB編集部までお気軽にお寄せください。適切な担当者がご返信いたします。