リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント

観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、そのヒントを毎週新しい記事として発信する、業…

リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント

観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、そのヒントを毎週新しい記事として発信する、業界70年の実績を持つAAPグループが運営。観光地域や宿泊施設の成功事例、テーマ別の取組事例など、経営者・幹部の方々、DMO・観光協会・観光行政のご担当者にお役に立つ記事をお届けします。

リンク

マガジン

  • リノベーション

    「設計会社や施工会社にはないアイデアが欲しい」、「改装するのに面白い企画が欲しい」「サインに一貫性なくデザインも古い」、「館内装飾の提案が欲しい」の声にお応えする形で生まれた、小~中規模の宿泊・観光施設改装事業「re:nova」の事例をご紹介します

  • web直販&DX

    「旅館ホテルのweb広告は効果あるの?」「DXって言うけど、色々あって選べない。」「何をどのように導入すべきか、相談相手が欲しい」/旅館特化のweb広告運用・DXツールプロデュース事業で、直販比率を上げ、お客様の満足度とスタッフのモチベーション向上を同時に実現する働き方改革で生産性向上に伴走した事例をご紹介します

  • 補助金

    「まちの観光イベントに補助金使えないかな?」、「補助金を活用しインバウンド成功事例を創り、機運醸成したい」/補助金事業設計・企画支援✕まちおこし 【コンテンツ造成・イベント・プロモーション】事業の事例をご紹介します

  • まちおこし

    「まちづくりって何から始めるのがいいの?」、「売店商品がマンネリ、売れない、いい特産品あるのに」/「修景・着地・絵創」で温泉地プロデュース、「地域商品」開発・ブランディング支援の事例をご紹介します

  • インバウンド

    「ニーズに合致した観光資源があるのかわからない」、「予算内で磨き上げるベストな方法を選択実施するのが大変だ」/インバウンドコンテンツ造成支援、磨き上げ支援【高付加価値化、市場特化】プロデュース事業の事例をご紹介

最近の記事

  • 固定された記事

初めての方へ|使い方・目的

使い方|リゾLABnote内での記事検索方法はコチラを参照ください目的|お陰様で5周年、「観光ビジネスのミライにヒント」で、もっと役立つメディアへ。業界70年の実績を持つAAPグループが、観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、 そのヒントとなるお役立ち情報を発信するリゾLABもお陰様で5周年を迎えました。 2024年1月1日、観光業界全体へ、より広く充実した情報をお届けするために、 新たなタグライン「観光ビジネスのミライにヒント」を掲げ、コンテンツをリニューアル、プラ

    • 海が見える宿で体験する非日常!マホロバ・マインズ三浦が提供するユニークなコンセプトルームとは?

      東京からわずか1時間ほどの首都圏近郊にありながら、開放的な大海原の眺望を満喫できる宿、マホロバ・マインズ三浦。 中高年の方の利用が多かった同ホテルですが、2017年から順次オープンしている個性的なコンセプトルームが好評を博し、若者層やファミリー層のお客様の数が年々増えてきています。 今回のお宿紹介では、マホロバ・マインズのユニークな取り組みとその狙い、効果についてご紹介します。 1.2017年より、通常客室とは趣の異なる個性的なコンセプトルームを順次開発新たな客層の開拓は、

      • 温泉街の美観を損ねていた空き家をドライフルーツの専門店として再生、月岡温泉街10店舗目の改装事例

        月岡温泉の旅館ホテルの若手経営者らが温泉街活性化をめざして2014年に結成したミライズでは、設立以来、1年に1店舗のペースで温泉街の空き家や空き店舗を改装し、これまでに9つの店舗をオープンさせてきました。 そして2023年12月に記念すべき10店舗目となる「新潟ドライフルーツ&ベジタブル恵(MEGUMI)」が誕生。 1.温泉街の美観をそこねていた空き家を、地産ドライフルーツの専門店として再生月岡温泉旅館組合では、2014年に開湯100周年を迎えたことを機に、温泉街活性化を目

        • 【2024年最新】中国人観光客の受け入れ動向・ニーズを解説

          新型コロナ感染症拡大で、2020年からの数年間に激減した訪日外国人観光客は、その後の規制緩和を受けて急速に回復しています。 この記事では、中国人観光客の受け入れ動向やニーズを解説します。 訪日中国人観光客の推移日本政府観光局の調べによると、2023年12月の訪日外国人観光客は2,734,000 人で、コロナ禍前の2019年12月と比較して8.2%増加しました。 地域別に見ると、韓国からの訪日観光客は215.7%増加となり、大幅な伸び率を示しています。台湾からは14.7%増

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • リノベーション
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント
        • web直販&DX
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント
        • 補助金
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント
        • まちおこし
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント
        • インバウンド
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント
        • webマーケティング伴走
          リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          時代を先読みして観音山フルーツガーデンが展開する、高品質なフルーツを核とした新・付加価値ビジネスとは

          フルーツ王国として名高い和歌山県で100年以上の歴史を重ね、品質の高い果実や加工品の生産と販売を行うだけにとどまらず、観光客に向けた収穫体験やフルーツパーラーの運営など、多方面へのチャレンジを続けている観音山フルーツガーデン。 2018年に直営のフルーツパーラー1号店を出店したのを皮切りにコロナ禍をものともしない急成長を遂げている、そのユニークな新ビジネスが目指す未来像について、観音山フルーツガーデン会長の児玉典男(ふみお)さんにお話をお聞きしました。 1.農園として100

          時代を先読みして観音山フルーツガーデンが展開する、高品質なフルーツを核とした新・付加価値ビジネスとは

          日本の音楽シーンからオーバーツーリズムへ

          SNSが普及して以降、多くのビジネスモデルがその形を変容させている昨今だが、個人的に非常にポジティブな印象を持っている業種がある。それが音楽業界だ。 一昔前までは、CDの売上がアーティストの人気や知名度を測る指標になっていたが、TikTokやYouTubeなど、消費者とのタッチポイントが広がったことで、今やたとえCDが売れなくても、アーティスト自身やその曲を知ってもらい、聴いてもらう機会が格段に増えている。 それにより日の目を浴びて音楽活動を続けることができるアーティスト

          日本の音楽シーンからオーバーツーリズムへ

          インバウンド対策の新たな切り札! 優れた多言語対応エンジン・プラットフォーム、QR Translatorの魅力とは?

          外国人観光客が戻った今、あらためて他言語の観光案内への課題を感じている観光行政、DMO、観光協会のご担当者も多いのではないでしょうか? 例えば、従来の多言語観光パンフレットは、必要な言語を全て掲載するか、言語毎に数種類の作成をしていましたが、文字数が増えて見づらくなったり、制作や管理コストが上昇していました。 また温泉街では、街中に多言語看板を設置すると便利さと引き換えに温泉街の風情が失われてしまうこともあります。 さらに、市内の観光スポットでは、日本語での様々な案内看

          インバウンド対策の新たな切り札! 優れた多言語対応エンジン・プラットフォーム、QR Translatorの魅力とは?

          美しい自然環境に包まれた一大リゾート施設。投資総額120億円の大規模プロジェクト「ダナン三日月ジャパニーズリゾート&スパ」が、開業一周年!彼らはあの世界的パンデミックをどう乗り越えたか

          【開業1周年記念ルポルタージュ】 2022年、コロナ禍での全館オープン!1年後には、収益150%増を実現。 ダナン三日月、激動の1年を振り返る。  千葉県木更津市に「龍宮城スパホテル三日月」と「三日月イン」、栃木県日光市に「日光きぬ川スパホテル三日月」を展開し、幅広くレジャー業を展開する「ホテル三日月グループ」(本社:千葉県木更津市、代表:小髙 芳宗氏)。 旅する人の「寛ぎ・感動・創造」を追求する観光業のリーディングカンパニーとして、また「創業100年企業」を目指し、常に

          美しい自然環境に包まれた一大リゾート施設。投資総額120億円の大規模プロジェクト「ダナン三日月ジャパニーズリゾート&スパ」が、開業一周年!彼らはあの世界的パンデミックをどう乗り越えたか

          外国人の声から生まれた、旅館ホテルで役立つピクトグラムをリゾLABからプレゼント

          皆様こんにちは。リゾLAB編集部、ベトナム出身のアンと申します。 コロナ明け以降、急激にインバウンドが回復し、地域によってはオーバーツーリズムの問題などもクローズUPされるようになってきています。 旅館ホテルにおいても、施設の利用方法や禁止事項、マナーなど、来日観光客に対しての円滑なご説明・ご案内に悩んでいる施設は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、外国人の視点から見たインバウンドの課題をクローズアップするとともに、言語を介さずに誰もが目で見て理解できるピクトグラムの活

          外国人の声から生まれた、旅館ホテルで役立つピクトグラムをリゾLABからプレゼント

          お見舞い

          このたびの令和6年能登半島地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被害を受けられた皆様の安全と、1日でも早く平穏な生活に戻られますことを心よりお祈り申し上げます。 リゾLAB編集部一同

          がんばろう2024 ~全国観光キーマンからいただいた新年メッセージ~

          新年あけましておめでとうございます。令和6年のスタートです。今年はどんな年になりますでしょうか。大いに期待したいところです。 今年も年頭を飾る新春企画として、日々の様々な課題を乗り越えていらした全国観光のトップの皆様から、元気や勇気が出る年頭のメッセージを数多く寄せていただきました。ぜひご一読いただき日々のエネルギーに変えていただけたら幸いです。 ※掲載は寄稿順とさせていただきました。 1.鴨川グランドホテル 代表取締役社長 鈴木健史氏(千葉県)2024年も私たちは高付加

          がんばろう2024 ~全国観光キーマンからいただいた新年メッセージ~

          池の平ホテルで「旅館大学セミナー」開催。「令和6年 旅館の経営指針」も発表!

          株式会社リョケン(佐野洋一社長)は、12月12、13日に長野県・白樺湖の「池の平ホテル」で、通算168回の旅館大学セミナーを開催いたしました。 池の平ホテルは2023年4月に、開業当時から67年間営業してきた本館を解体・新築しグランドオープン、新本館には、ロビー・フロント、レストラン、大浴場、土産処などパブリックスペースを集約。 客室を73 室新設し、数年来実施してきた既存客室(東館・アネックス館)の改修と合せて、客室総計245室になりました。 初日に池の平ホテル&リゾー

          池の平ホテルで「旅館大学セミナー」開催。「令和6年 旅館の経営指針」も発表!

          びっくり退職…退職願いが出てからでもできることはあるのか 観光マーケティングプランナーのちょっと視点を変えた関連コラム048

          「びっくり退職には、もう驚きません。」と言う声も聞こえてきそうなくらい、何の前触れもなく退職願いが出されることが多くなっているようだ。現場の管理職は、「なぜ早く手を打たなかったのか」と自問自答していっそう辛さを感じているだろう。 コミュニケーションを取ることも、様子の変化に反応して対処すべきであることも、現場の管理職の多くは理解しているだろうと思う。わかっていても、スタッフのシフトのやりくりと手の足りない現場の応援に追われているのが実情で、一人ひとりのコミュニケーションに十分

          びっくり退職…退職願いが出てからでもできることはあるのか 観光マーケティングプランナーのちょっと視点を変えた関連コラム048

          持続可能な観光の推進へ!令和5年度補正予算の施策から、旅館・ホテル・DMO・観光協会に役立つ12の補助事業をご紹介

          先頃の11月29日に、総額約13兆円にのぼる令和5年度の補正予算が成立しました。 このうち地方経済の活性化につながる持続可能な観光の推進を目指すための、国土交通省・観光庁による観光施策には約700億円が計上されています。 具体的な支援事業は、訪日外国人旅行消費額5兆円の早期達成への支援、一人当たり消費額25万円を目指すためにインバウンドの地方誘客に向けたツアー造成の後押し、宿泊施設の省エネ設備投資への支援、オーバーツーリズム対策、高付加価値化事業の継続など、幅広いカテゴリーに

          持続可能な観光の推進へ!令和5年度補正予算の施策から、旅館・ホテル・DMO・観光協会に役立つ12の補助事業をご紹介

          【後編】2022年12月のオープンから多くの来場者を集めつづける「おふろcafé yusa」、大人気の施設を支える運営戦略と、低コスト実現のヒケツとは?

          山形の老舗宿として名高い古窯グループの、黒沢温泉「悠湯の郷 ゆさ」に、2022年12月に東北初の「おふろcafé yusa」が誕生して、ちょうど一年。 【前編】記事でもご紹介した通り、「果樹園×クラフト×カフェ」をテーマとしてお風呂やサウナガーデンはもちろん、暖炉スペースやブック・ライブラリー、キッズスペース、さらには地産の味を楽しめるcafeなどの多彩な楽しみを提供することで、地元はもとより広く他県からも多くのお客様を集めています。 【後編】となる今回は「おふろcafé

          【後編】2022年12月のオープンから多くの来場者を集めつづける「おふろcafé yusa」、大人気の施設を支える運営戦略と、低コスト実現のヒケツとは?

          エイエイピーが新たに、女性・ファミリー層に向けた商品・サービス開発の伴走支援業務「イコイワークス」をスタートしました

          観光・旅行のマーケットにおいて、女性の動向が大きなカギを握るようになってから久しくなります。 これに伴ってこれまでに女性向けの新施設や商品企画も数多く誕生してきていますが、しかしその商品は真に女性の目線に立って開発され、また女性の共感を得ることができているでしょうか。 そこで株式会社エイエイピーでは、このほど女性やファミリー層に向けた商品・サービス開発を伴走支援する「イコイワークス」を新たにスタートさせました。 1.女性の“憩い” の場から生まれた新発想ビジネス、「イコ

          エイエイピーが新たに、女性・ファミリー層に向けた商品・サービス開発の伴走支援業務「イコイワークス」をスタートしました