リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント

観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、そのヒントを毎週新しい記事として発信する、業…

リゾLAB(リゾラボ)/観光ビジネスのミライにヒント

観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、そのヒントを毎週新しい記事として発信する、業界70年の実績を持つAAPグループが運営。観光地域や宿泊施設の成功事例、テーマ別の取組事例など、経営者・幹部の方々、DMO・観光協会・観光行政のご担当者にお役に立つ記事をお届けします。

リンク

マガジン

  • まちおこし

    「まちづくりって何から始めるのがいいの?」、「売店商品がマンネリ、売れない、いい特産品あるのに」/「修景・着地・絵創」で温泉地プロデュース、「地域商品」開発・ブランディング支援の事例をご紹介します

  • リノベーション

    「設計会社や施工会社にはないアイデアが欲しい」、「改装するのに面白い企画が欲しい」「サインに一貫性なくデザインも古い」、「館内装飾の提案が欲しい」の声にお応えする形で生まれた、小~中規模の宿泊・観光施設改装事業「re:nova」の事例をご紹介します

  • 補助金

    「まちの観光イベントに補助金使えないかな?」、「補助金を活用しインバウンド成功事例を創り、機運醸成したい」/補助金事業設計・企画支援✕まちおこし 【コンテンツ造成・イベント・プロモーション】事業の事例をご紹介します

  • web直販&DX

    「旅館ホテルのweb広告は効果あるの?」「DXって言うけど、色々あって選べない。」「何をどのように導入すべきか、相談相手が欲しい」/旅館特化のweb広告運用・DXツールプロデュース事業で、直販比率を上げ、お客様の満足度とスタッフのモチベーション向上を同時に実現する働き方改革で生産性向上に伴走した事例をご紹介します

  • webマーケティング伴走

    「商品代行入力の出来高フィーが高コストになってきた」、「自社サイト、OTA、SNSの最適化を図りたい」/旅館特化、月額固定のWEBマーケティング、SNS運用ディレクション事例のご紹介です

最近の記事

  • 固定された記事

初めての方へ|使い方・目的

使い方|リゾLABnote内での記事検索方法はコチラを参照ください目的|お陰様で5周年、「観光ビジネスのミライにヒント」で、もっと役立つメディアへ。業界70年の実績を持つAAPグループが、観光リゾートビジネスのさらなる発展を願い、 そのヒントとなるお役立ち情報を発信するリゾLABもお陰様で5周年を迎えました。 2024年1月1日、観光業界全体へ、より広く充実した情報をお届けするために、 新たなタグライン「観光ビジネスのミライにヒント」を掲げ、コンテンツをリニューアル、プラ

    • 2024年。夏休みのおもてなしの準備はお済みですか?日本の夏を彩る「絵付け体験・竹うちわ」のご提案です。

      記事を作成している4月の時点で、早くも夏日を記録している2024年。 気象庁によればこの先も全国的に気温が高めで推移し、梅雨明け以降は今年も猛暑となると予測されているようです。 そんな初夏から夏、日本の風情とともに涼感をとどけるのが「うちわ」。 日本旅館とも美しく調和するこのうちわを、自分の手で絵付けし、オリジナルうちわを製作する体験型のおもてなし企画はいかがでしょうか。 この夏、リゾLABがご提案する「絵付け体験・竹うちわ」は、お子様連れやファミリーがみんなでそれぞれの

      • 宿泊税とは?なぜ?|目的・入湯税を含めた導入自治体の使い道例を一挙公開

        私たちがホテル・旅館などの宿泊施設や温泉施設を利用する際、地域によって宿泊税・入湯税を支払うことがあります。 宿泊税・入湯税がどの地域で何のために導入され、何に使われているかを知っておくと便利でしょう。 宿泊税とは宿泊税とは、ホテルや旅館を利用する際の宿泊料金に応じて課税される税金のことです。 支払った税金は、各自治体の観光業において、サービスの向上や魅力の発信など、さまざまな用途で使用されます。 宿泊税は地域によって支払う税額が異なります。 例えば、東京都の場合は、

        • 補助金を活用した露天風呂付き客室の新設で高付加価値化と売上拡大を両立、「伊豆稲取温泉 石花海 別邸 海うさぎ」の改装事例

          若者やファミリー層を中心とした稲取温泉の人気の宿「石花海 別邸 海うさぎ」。 当施設の他に「稲取温泉 石花海」を始めとする施設の数々を運営する喜久多グループでは、これまでも順次、補助金を活用した改装計画を施設ごとに展開してきました。 昨年2023年12月にお披露目となったばかりの石花海 別邸 海うさぎ休眠客室の改装オープンは、令和5年度高付加価値化補助金を活用した事例となります。 今回のリゾLABでは自館の高付加価値化を実現するとともに、地域全体の活性化にも寄与しているこの

        • 固定された記事

        マガジン

        • まちおこし
          20本
        • リノベーション
          32本
        • 補助金
          17本
        • webマーケティング伴走
          10本
        • web直販&DX
          57本
        • インバウンド
          24本

        記事

          「旅アト」にリーチしてファンを増やす!手間も費用もかからない、新しいSNSマーケティング「旅アトリーチ」

          昨今の広報戦略において、欠くことのできないものがSNSマーケティング。 個々人から発信される多彩で大量の情報を自在に活用するSNSマーケティングは、本来は小規模事業者でも効果を出すことのできるしくみでしたが、多くの企業が取り組みを本格化してさまざまな手法を開発・確立していくにつれて、効果的な運用のためには大きな資金とノウハウが必須となっていき、いきおい予算と体力に乏しい小規模事業者はどうしても苦戦を強いられるようになってしまいました。 これは旅館やホテルにおいても同様で、

          「旅アト」にリーチしてファンを増やす!手間も費用もかからない、新しいSNSマーケティング「旅アトリーチ」

          クチコミ返信 最近はAIでも用意できてしまうものの・・・

          ネット上のクチコミは、OTA経由の評価だけでなく、Googleマップなどの地域検索でも表示されるようになりました。おほめのクチコミだけならまだしも、ネガティブコメントや苦情となると、見過ごしておくわけにもいきません。クチコミ返信は、誰の担当でしょうか。「AIが主担当です。」というところもあるでしょうか。 いずれにしても、クチコミの返信によって私たちの商品や熱意を示すことができますし、お客様の予約行動に大きな影響を与えるのですから、A Iを使うにしても使わないにしても、ポイン

          クチコミ返信 最近はAIでも用意できてしまうものの・・・

          シリーズ企画 接客現場の「こんな時どう答えればいいのですか?」- 第2回

          接客現場では、ことばに詰まる質問を受けることがあります。もっと上手に答えられないかと向上心にあふれて考えてしまう人もいます。後輩から質問されて説明できないこともあります。 そんな接客現場の悩みに耳を傾け、受け答えの考え方やことばのヒントをお伝えします。接客ミーティングの素材として、現場指導の教材として、ご活用ください。 第2回 〈この敬語は正しいですか?編〉 Q 「大丈夫です。」を、よく使ってしまいます。間違っていると指摘されたことがありますが、どのように言い換えるとい

          シリーズ企画 接客現場の「こんな時どう答えればいいのですか?」- 第2回

          新潟県十日町市にスゴイホテルがあった!「あてま高原リゾート ベルナティオ」の躍進の秘密に迫る

          大自然に囲まれた510ヘクタールもの広大な敷地の中に、コテージを含めて全155室のバラエティ豊かなお部屋を備えた「あてま高原リゾート ベルナティオ」。 季節の移ろいを楽しみながら最上の癒しの時を満喫できる「あてま温泉」。「にいがた和牛」や「コシヒカリ」など、地域ならではの味覚を存分に楽しめるお食事の数々。 そして輝くような緑や、心まで染まるような紅葉に包まれてのサイクリングやゴルフ、静かなブナの森の散策など、四季それぞれの趣を堪能することができる自然環境。 ご夫婦やファミ

          新潟県十日町市にスゴイホテルがあった!「あてま高原リゾート ベルナティオ」の躍進の秘密に迫る

          リョケンが「人材採用・育成・定着対策」に関わる最新アンケート結果を発表しました

          株式会社リョケン(佐野洋一社長)ではこのほど、令和5年12月20日~令和6年1月9日の期間に実施した「第51回3分間アンケート」の集計結果を発表しました。 観光市場における新型コロナウイルス感染症の影響が概ね収束し、宿泊・訪日需要はコロナ前を凌駕しつつありますが、その一方でコロナ禍での営業規制や休業などによってスタッフの減員や他業種への流出などが起こった結果、宿泊現場では深刻な人手不足状態が顕在化。ほとんどの宿泊施設が働き手を求めることから人材獲得競争はますます激化し、スタ

          リョケンが「人材採用・育成・定着対策」に関わる最新アンケート結果を発表しました

          【緊急】観光地・観光産業における人材不足対策事業の特設サイトオープン、申請のポイントを解説します

          「令和5年度ポストコロナを見据えた受入環境整備促進事業補助金」が、観光地・観光産業における人材不足対策を推進しています。この補助金は、「観光地・観光産業における人材不足対策事業」として、宿泊業者向けに人材不足を解消するための支援を提供するもので3月29日~公募開始しています。 4月15日、観光庁では、観光地・観光産業における人材不足対策に向けて、宿泊業の人手不足の解消に向けた設備投資等を支援する事業の特設サイトをオープンしました。 申請にあたっては、以下の要件、留意ポイン

          【緊急】観光地・観光産業における人材不足対策事業の特設サイトオープン、申請のポイントを解説します

          2024年2月にウォーターフロントに誕生した「豊洲 千客万来」、新スポットがめざす次世代観光と地域振興の両立とは

          豊洲市場に隣接し、ゆりかもめ・市場前駅ともデッキで連結する新たな観光スポット「豊洲 千客万来」が、この2024年2月1日に大注目の中でグランドオープンしました。 施設は、約70店舗もの個性的なお店が集い和のにぎわい空間を演出する食楽棟「豊洲場外 江戸前市場」と、9階建ての温浴棟「東京豊洲 万葉倶楽部」の2棟から構成されています。 豊洲地域の観光振興と活性化を見据えて東京都が進めていた開発プロジェクトに2015年から参加し、9年の時を超えてめでたくお披露目を迎えた豊洲 千客

          2024年2月にウォーターフロントに誕生した「豊洲 千客万来」、新スポットがめざす次世代観光と地域振興の両立とは

          半世紀の歴史を持ちながらも中止となっていた伊豆稲取温泉の「どんつく祭」が、令和5年秋に4年ぶりの復活開催を果たしました

          静岡県東伊豆町・稲取地区に古くから伝わる、全国でも珍しい奇祭「どんつく祭」。 男性のシンボルを祀るという全国的にもユニークな祭りとして、地域はもちろん観光客にも広く親しまれてきましたが、集客力の低下や予算の縮小など多くの要因によって、残念ながら4年前を最後に開催が見送られていました。 しかしかつて苦渋の決断で中止に至ったこの祭りが、インバウンド向けの新たな観光資源としてピックアップされ、地元有志の皆さんによって令和5年秋に見事に復活開催を果たすこととなりました。

          半世紀の歴史を持ちながらも中止となっていた伊豆稲取温泉の「どんつく祭」が、令和5年秋に4年ぶりの復活開催を果たしました

          今や全国各地で広がり続けているエリア周遊の促進施策、その一例として埼玉県「デジ玉スタンプラリー」の取り組みをご紹介します

          多くの観光地の定番イベントとして、これまでに数々のスタンプラリーが実施されてきましたが、今ではアナログ式のスタンプラリーに代わってスマホを活用したデジタルスタンプラリーが一般的になるなど、そのスタイルも大きく様変わりしています。 株式会社エイエイピーでもこれまでに数多くのデジタルスタンプラリーの企画立案・運営を行ってきましたが、今回はその中から埼玉県が実施した県内周遊スタンプラリー「デジ玉スタンプラリー」をご紹介します。 1.スタンプラリーで県内周遊を促すことで、コロナの

          今や全国各地で広がり続けているエリア周遊の促進施策、その一例として埼玉県「デジ玉スタンプラリー」の取り組みをご紹介します

          「旅」が教えてくれること

          いきなり私事で恐縮であるが、自分の父親はある鉄道会社に勤務していた。結婚後にグループ企業である貸切バスの運行を主とする会社に配属となり、自分が子どもの頃は土日は自らが添乗員となって貸切バスで行く団体旅行に付き添い、当然ほとんど家にいなかった。もちろん休日は取っていたのだろうけれどほぼそれは平日だったものと思う。 従って子どもの頃、家族で旅行に行った記憶は本当に数えるほどしか無い。では子どもの頃、旅行に行かなかったか、というと親しい親戚の家族旅行に一緒に着いて行ったり、日帰り

          ユニークな取り組みで新たな地域価値を創り、未来を拓く-オープン以来好調を続ける道の駅たがみの視点とは?-

          Vol.26 道の駅たがみ・駅長 馬場大輔さん 新潟市の南東に位置し、のどかな田園風景が広がる新潟県南蒲原郡田上町。 人口1万人あまりのこの小さなまちに2020年10月に誕生したのが「道の駅たがみ」です。 「地域の価値を創り、その誇りを未来へ継承する」ことを願って、単なる観光スポットではなく地域価値向上のための新たな舞台として位置づけたこの道の駅では、これまでに田上町特産の竹を活用した「竹あかり~たがみバンブーブー~」などを始めとするユニークで多彩な交流イベントの数々を積

          ユニークな取り組みで新たな地域価値を創り、未来を拓く-オープン以来好調を続ける道の駅たがみの視点とは?-

          【シリーズ企画】接客現場の「こんな時どう答えればいいのですか?」

          接客現場では、ことばに詰まる質問を受けることがあります。もっと上手に答えられないかと向上心にあふれて考えてしまう人もいます。後輩から質問されて説明できないこともあります。 そんな接客現場の悩みに耳を傾け、受け答えの考え方やことばのヒントをお伝えします。 接客ミーティングの素材として、現場指導の教材として、ご活用ください。 第1回〈正直に答えてもいいのですか?編〉Q お客さまから「何時から働いているの?」「お休みは取れているの?」とか、「給料はいくらぐらいなの?」とか聞かれま

          【シリーズ企画】接客現場の「こんな時どう答えればいいのですか?」